鼻の施術

看護師と医師

 顔の中で整形手術などを実施する場合、希望として最も多いのが目や鼻だといわれています。日本人独特の特性などもありますが、悩みをもっている人にとっては、大きなコンプレックスとなっている事もあります。  鼻の形等に悩みをもっている人の場合、例えば鼻が短い場合には、鼻の穴などが人から見え易いなどになるため、鼻中隔延長術などを実施する事で、症状の改善を図る事ができます。  鼻中隔延長術は、耳や胸の下にある軟骨を利用して鼻に移植し、鼻を長くしたり少し高めたりなどを実施する事になります。耳の後ろ部分からの軟骨を利用しますが、鼻をもう少し高くしたい、といった場合には、更に胸の下辺りを少し切開して軟骨を採取します。その後の傷跡についても、経過とともにやがて目立たなくなる様になります。

 鼻中隔延長術を実施した場合の費用としては、それぞれの美容クリニック等で違いはありますが、大体の目安として60万円位から80万円位の間になります。美容クリニックによっては、特殊な糸を利用して実施する場合も鼻中隔延長として分類している場合もあります。この様な特殊な糸を利用した場合には、20万円位の費用となっていますが、即効性がある一方で、持続期間が1、2年ですので、その後のメンテナンスが必要になります。耳の後ろ側から軟骨を移植する場合には、半永久的な持続性を期待できますので、費用、持続性、リスク等を比較・考慮しながら、手術方法を選択する事になります。  鼻中隔延長術を実施する場合には、その後の副作用等に関しても医師との十分な相談を行った上で利用する様にしてください。